読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シゲの鑑賞日記(仮)

主に趣味(アニメ、仮面ライダー、ポケモンなど)を自由気ままに語りますヾ(๑╹◡╹)ノ" 特に、アニメの感想などをつらつらと書いていくつもりです^ ^

「おもしろ経済数学」というタイトル詐欺について

経済学

f:id:Skarugo0094:20170225190556j:image

こんにちは、シゲです!

今回レビューするのは前回の『武隈ミクロ』と打って変わって初学者向けの参考書「おもしろ経済数学(ミネルヴァ書房)」をレビューします!

 

前回の『武隈ミクロ』では「書いてある内容はおそらく網羅的であり、ある程度ミクロ経済の基礎が出来ている人にとってはバランスの良い参考書であったが、反面自分のレベルがそこまでに到達していなければ読破することすら困難」という結論に至った。

 

そして今回の『おもしろ経済数学』はタイトルから察する通り初学者向けの参考書である。本の帯には『「数学が苦手だから文系にきたのに、どうしてこんなハメに…」と経済数学にお嘆きのアナタを救う、よく分かるテキスト』とまさに数学が苦手だから文系に来た私のニーズに応えてくれそうなキャッチコピーが書かれていた!

 

それでは内容の方を見てみよう。おもしろ経済数学というタイトルだが中身はほぼミクロ経済。なのでミクロ経済の初学者ならこの本はオススメと言えるかもしれない。流石初学者向けの本と言うべきか。

文章自体は平易で難なく理解する事ができる。経済に全く触れたことのない人でもある程度想像できるような具体例を使って説明がなされている点は評価できる。

 

しかし、肝心の数学についての説明は「マジか」と思わず声を出してしまうくらい適当。章ごとのちょっとしたコラム程度の量しか説明がなされていなかった。文系の数学の出来なさを考慮すれば、もっと計算の手順を詳しく記述すべきであった。

 

微分積分、行列などの理論自体は比較的簡単に説明のしているのだが、それとは不釣り合いな難易度の練習問題だったため解くのが困難。最初の一問を解くのが関の山で、応用問題が全く解けなかった。

しかも解答は答えだけ羅列しているものが目立ち、「本当に数学が苦手な人に配慮してるのか」と思えるほど手抜き感が拭い切れないという、まさかの事態に陥ったのだ。

 

この手の初学者向けの本にありがちな、「理論だけ懇切丁寧に解説し、肝心の『問題の解き方』の説明が雑」という落とし穴に見事にはまってしまった感じが否めなかった。

 

総じて、「読み物」として読むならまあまあの分かりやすさと面白さではあるが、「参考書」として読んだ場合、非常に物足りなさを感じる本であった。おそらくこの本だけでは学部レベルのミクロ経済も、経済数学も合格点を取ることは難しいだろう。

俺が求めてるのはそういうんじゃないんだよ!!と言いたくなるw

 

それでも本自体は薄くて読破はそれほど困難ではないので、これからミクロ経済の勉強をしよう!という人が予習でサラッと読むのにはまぁまぁ適しているのかな、という印象です。

 

 

 

 

 

 

 

 

中二病でも恋がしたい!における「中二病」とはどういった意味合いだったのか

アニメ

f:id:Skarugo0094:20170306230310j:image

こんにちは、シゲです!
中二病」患ったことのある人、現在進行形で患っている人いろいろ居るかもしれない
ちなみに私は中二病とまではいかなくても少し妄想癖のある学生時代だったw
今回紹介する作品は「中二病でも恋がしたい!中二病と恋、このタイトルからしてもう既に青春オーラが出まくりである。

 

まずは一般的に知られる「中二病」のイメージでは、「自分には他の人には無い不思議な力がある」というそれこそ六花みたいなタイプが固定観念として定着しているかもしれない。しかし実際にはこういったタイプだけでなく、「無理してブラックコーヒーを飲む」「意味もわからず洋楽を聴く」というものもメジャーである。まとめると、「自分をかっこよく見せるための、ちょっと背伸びした行動」という事になるのだろう。

 f:id:Skarugo0094:20170306231119j:image

しかし私は劇中における「中二病」とは上記の意味合い「だけ」では無いと感じている。
六花の中二病は二つの意味が含まれていたのでは、と私は考える。まず一つ目は「現実逃避の象徴」。父の死が原因で今でも中二病を辞められずにいるというマイナスの側面である。そしてもう一つは「憧れ、理想の象徴」。
そもそも六花が中二病になったのは父の死だけが原因ではなく、幼少期に勇太のダークフレイムマスターを見た事である。最初はダークフレイムマスターへの憧れで中二病になったのが、いつしか現実逃避の手段となってしまったのだ。
しかし周りはあたかも中二病=現実逃避という解釈をしたため、「憧れ」という要素もろとも中二病を辞めさせようという流れになってしまったのだ。その結果、中二病を辞めた直後での六花は「憧れ」の要素もろとも消えてしまい、自分のアイデンティティを失い、まさにもぬけの殻状態であった。

f:id:Skarugo0094:20170306231745j:image
最終回では再び勇太の働きかけによって中二病に戻るが、同時に「父への決別」もきちんと果たしている。この瞬間、六花の中二病は「現実逃避」の要素が消えたのではないかと考えた。

 f:id:Skarugo0094:20170306232739p:image

そして最終回の「人は一生、中二病なのだ」という大塚芳忠さんのナレーションはこの作品全体のメッセージであった。
劇中のほとんどの人物(勇太、六花、モリサマー、凸守、くみん先輩)が中二病を経験しているということは、人は生きていく上で必ず中二病(とまでは行かずとも空想に耽る時期)が必ず訪れるという事、その理想に向かって走って行く時期があるという事、そしてそれは必ずしも悪いものとは限らず、むしろ大切なことであるという事を表現していた様に思えた。


人は皆、ある程度の理想を描いて生きていく。それを無理に抑え込まなくても良いんだ、自分らしく生きていいんだという深いテーマ性を1クールで「中二病」という馴染み深い?要素を使って表現した、大変密度の濃い作品だと思いましたー!

まだ二期の方は観ていないので機会があれば観てみたいと思います(^ ^)

f:id:Skarugo0094:20170306231924j:image

ブラック★ロックシューターというコンテンツの中での挑戦 〜ノイタミナ版アニメレビュー〜

アニメ

f:id:Skarugo0094:20170222001355j:image

こんにちは!シゲと申します(^ ^) 元々はhuke氏による一枚絵のオリジナルキャラクターであった「ブラック★ロックシューター」のアニメ化作品(ノイタミナ版)について、今回も熱く語りますw

 

現実世界で受けた心の傷を、「虚の世界」の自分と同じ顔をした思念体が戦うことで消滅させるといった斬新な設定である。現実世界での心の動きと虚の世界での激しい戦闘シーンという二つの軸を交互に織り交ぜながら話が展開される。個人的にはかなり目新しさを感じた上、話数も8話と短かく、かなり濃い内容だっため、見ていて飽きないアニメではあった。

 

「人間関係のストレス」をメインに扱った作品なので全話通してかなり陰鬱な雰囲気。そして登場人物が全員何かしら「心の闇」を抱えているのでさらに陰鬱さに拍車をかける。

 

現実世界ではカガリとヨミの嫉妬、こはっち先輩と終盤でのユウのいじめ、そして何と言ってもサヤちゃん先生による闇カウンセリングといったストレスマッハな展開が繰り広げられる。

 

一方で虚の世界は現実とは対照的に、血しぶきが舞うような激しい戦闘シーンが繰り広げられる。特に終盤でインセインブラック★ロックシューターと戦うシーンは必見。(ややグロテスクなので注意!)

 f:id:Skarugo0094:20170222001417j:image

この作品のメッセージは「傷つく覚悟と傷つける覚悟」であった。これまで思念体が現実世界の自分の代わりに戦う事で全ての悩みから解放してくれるシステムであった。裏を返せば「相手との衝突を避けても、いつの間にか悩みが消える」という事である。


中盤のカガリがヨミとの記憶を失うことで、ヨミが発狂して新たな問題が起こる展開、これはシステム自体の欠陥を端的に表したシーンだった。一時的にシステムによって解決しても、そのシステムのせいでもう一つ別の問題が発生するのだ。

f:id:Skarugo0094:20170222001523j:image
ユウは簡単に言えば「虚の世界で戦う方が現実世界での戦い(いじめ)よりマシだ」という考えで、システム自体にはむしろ肯定的な考え方。

最終的には現実世界に戻る事になるが…


反対にそのシステムに疑問を感じたのが主人公、マトであった。彼女は「衝突を避けても根本的な解決にはならない」と気づいていたのだろう。「自分も傷つきたい」というセリフがその象徴である。

そしてその後にインセインブラック★ロックシューターの「誰も傷つけずに自分だけ傷つくのはずるい」発言。今までは相手を傷つけることを恐れていたマト。インセインのセリフにより「時に相手を傷つける必要性」に気づく。


総じて非常に難解なアニメだった(大汗)「衝突」が起こらなければ遅かれ早かれ新たな問題が起こる事、悩みを解決するには衝突によって傷つく覚悟、そして傷つける覚悟が必要であるという難しいメッセージを、キャラクターたちの激しい心の動きを表現しつつ8話でまとめた作品だった!


不満だったのがサヤちゃん先生の扱い。あれだけ下衆い行動をしておいて、最後には改心して終わりっていうのはいくら「ユウを助けるため」って理由があってもちょっと無いなーと思った。そして初見では分かりずらかった「日常と戦闘のつながり」
所々説明が省かれてるなーと感じた部分があって見るのに一苦労…

 

「賛否両論のアニメ」と聞いていたが、見てみたら納得。かなり人を選ぶ作品だったw
人間関係のドロドロや胸糞展開が苦手な人はあんまり見ない方がいいかも知れない…


ボーカロイドなどで既に人気だった「ブラック★ロックシューター」というキャラクターを基に、新しくアニメを作るという試みは多大なプレッシャーがあった事は容易に想像できる。その中で「人間関係のすれ違い」という重いテーマを8話ふんだんに使って作り上げた点は素晴らしい!

 

作品の出来自体は決して胸を張って良いと言えるものではなかったが、1話1話が一触即発の張り詰めた雰囲気で個人的には楽しめたと思う。
テンプレ系のアニメに飽きた人にはオススメですw

f:id:Skarugo0094:20170222001558j:image

ボンバーマンジェッターズは最高の人間ドラマだった!

アニメ

f:id:Skarugo0094:20170217151704j:image

こんにちは、シゲと申しますm(_ _)m今回は隠れた名作と名高いボンバーマンジェッターズを紹介します!
(以下、ネタバレを多く含むので注意!)

 

話数が多くて中々手が出せない作品だったが、全話通して見て本当に見る価値のある作品だと感じた!この作品は1〜26話までの第1部、27〜52話までの第2部に分かれる。

 

まずはマイティの行方を巡る第1部
MAX=マイティというミスリードの見せ方、かなり鳥肌物である。洞窟での風船ボムのくだり、ボムの投げ方までマイティと同じであればここで誰もがMAX=マイティを確信するであろう。そしてMAX=マイティを信じて疑わないシロボンがより一層切なさと残酷さを引き立てるのだ。しかもそのミスリードをおよそ2クールにも渡って見せるのだから只者ではない作品であると感じた。

 

そして物語が加速する20話以降、マイティの死を知った後のキャラクターの動きがまた繊細で素晴らしい。シャウトの過去とツイストさんのくだり、その時のアイン博士のセリフ「人生で一番大変なのは同じ事を続けるということ」これがめちゃくちゃ心に響いた。
特に26話でシャウトがシロボンに喝を入れるシーン、そしてシロボンの「ボムの力はボムにあらず、心にあり」金朋さんの演技力も相まって涙無しには見られなかった。

f:id:Skarugo0094:20170217152530j:image
マイティとゼロの複雑な心情を描いた第2部
ここで私的に一番ポイントだと思ったのが「シロボンは決してゼロの事をお兄ちゃんとは呼ばない」事。あくまでマイティは死人であり、ゼロはゼロである、という徹底した見せ方。もうマイティはこの世にはいないのだ…という悲しみを引き立てる。


もう一つ心に残ったのが「マイティの苦悩」あれだけ完璧なボンバーマンだと周りからもてはやされていたマイティ、それが時系列で第1話の時点で既に「限界を感じていた」発言。しかしそれを決して誰にも見せなかったマイティの「優しさ故に無理をする」性格がまた何とも切ない。

 

この作品のメッセージは「死と向き合う」
親しい者の死を死として受け止められるか、という子供向けアニメとは思えない深いテーマであった。
opのホップ!スキップ!ジャンプ!はまさにこれを伝えたかった歌だと思う。


総じて、この作品は52話全てを使って1人のキャラクターの死に焦点を当て続ける、という「丁寧で繊細な作品」という印象を受けた。死んだキャラクターをここまで掘り下げる作品は本当に珍しいなと。
(私は普段1クール物のアニメを見るが、大体キャラクターが死んでも立ち直るのがめっちゃ早かったり、後半にはもう忘れられてたり、割と1クール物でキャラクターの死を扱うのは無理があると感じている。)


52話のうち、ギャグ回も含めて無駄な回が一切なく、そして綺麗な伏線回収に関心した。特に最終回の黄色いパンジー、第1話でマイティがボムで咲かせた花が今でも根付いている、という描写には泣かずにはいられなかった。
マイティは死んだ、しかし確かにマイティはそこに生きていたのだ。という描写をさりげなく持ってくるあたり本当にセンスがある。

ちなみにパンジーの花言葉、色ごとにそれぞれ意味が異なるらしい。
マイティの咲かせた黄色は「つつましい幸せ」
これまた誰よりも幸せを祈るマイティの優しさを感じた(たまたまかもしれないけどw)

f:id:Skarugo0094:20170217151858j:image

子供向けアニメでありながら、「死」という重いテーマを軽快なギャグを挟みつつもきっちり描いていき、死をただの死で終わらせない 本当に出来の良い作品だった!


ありがとう、ボンバーマンジェッターズ

武隈ミクロをガチ文系が読んでみたら

経済学

f:id:Skarugo0094:20170216144614j:image

(この文章は決して「武隈ミクロは悪書である」と言いたい訳ではなく、あくまで「自分に合ったレベルの参考書を使わないと意味ないゾ!」という私の失敗談だと思って読んでいただけるとありがたいですm(_ _)m)

 

公務員試験で経済原論?を選択している人には馴染み深い参考書であろう「武隈ミクロ」
これをガチ文系の大学生が読んで感じたことをつらつらと書いてみました

 

その前に、「ガチ文系」とはどのレベルなのかを説明しておきたい 私の高校は少し特殊で、比較的自由に授業を選べる学科だったため、高校2年生から数学を選択しなくても良いという「数学アレルギー」の人間にとっては天国であった。中学時代から数学嫌いだった私はその天国に甘んじて当然のごとく数学を捨てたのである!(つまり、高校では数学IAまでしか履修していない事になる)
もちろん受験も数学を使わず、日本史で経済学部を受けた。しかし経済学は基本的に数学を使って理解する単元が多く、苦労は必至であったのだ…

 

私の武隈ミクロとの初めての出会いは大学1回生の講義で、「初級ミクロ経済学」を履修していた時であった。本来は指定教科書ではなかった武隈ミクロだが何を間違ったのか勝手に教科書だと思い込んで購入したのである(大汗)

 

そして中間テストに備え、いざ武隈ミクロを開いて勉強しよう!と思っていたのだが、書いてある内容が全く理解できない…
前書きには「本書を読むためには数学の予備知識は一切必要ではない(原文ママ)」と書かれていたのだが、蓋を開けてみれば偏微分、関数だらけだったのだ!(経済学を学ぶ上でこれらが出てくるのは至極当然なのだが…)


この手の上級者向けの本にはよくある事だが「途中式を省く」という所もガチ文系にとってはキツいポイントだった。特に顕著だったのが練習問題の解答だ。答えがずらずらと並んでいるのだが解説が一切と言っていいほど無く、どういうプロセスでその答えに至るのかが初心者目線ではとても分かりづらかった。

 

受験の参考書において、解説はプロの講師が監修しているだけあってある程度わかりやすさを重視して書かれている事が多いと感じている。しかし大学の参考書は全部が全部プロが監修している訳ではないため、少し雑な部分が目立つ事がある(これはどの参考書でも言える事かもしれない)

 

総じて、武隈ミクロは自分のレベルに全くマッチしていなかった参考書だったと感じた。おそらく本書は大学院、公務員試験レベルの勉強をしたい人向けに作られているのだろう。
自分の到達レベル次第で良書にも悪書にもなりえる、そんな参考書だったという印象(実際、Amazonのレビューは高評価が多かったりする)

ブログ始めました!

はじめまして!プロフィールにも書いていますが、アニメと特撮が主な趣味です!今のところは鑑賞した作品の思った事をつらつらと書いていこうとおもってます(^^)

 

もともとツイッターでもたまにアニメで感じたことを書いてたのですが、ブログで感想を書く方が文字数の事もあり、自分の思ったことを書きやすいと思ったのが始めたきっかけです!

 

よろしくです〜(╹◡╹)